2006年09月30日

安倍総理の所信表明演説に思う

 安倍首相 集団的自衛権行使の容認検討 初の所信表明(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 安倍晋三首相は29日午後の衆参両院本会議で、就任後初の所信表明演説を行った。政府の憲法解釈で禁じられている集団的自衛権の行使については、「個別具体的な例に即し、よく研究する」とし、歴代首相として初めて容認に向けた検討に着手する方針を表明。憲法改正に言及し、教育基本法改正案の早期成立を目指す考えも示した。持論の「美しい国、日本」を掲げ、文化や伝統、自然、歴史を大切にする姿勢を強調するなど「戦後レジーム」からの脱却を意識した保守色の濃い内容となった。 09/29 17:29

 ◇安倍晋三首相の所信表明演説骨子

・集団的自衛権を個別例に即して研究
・憲法改正で与野党論議の進展に期待
・主張する外交への転換
・中韓との信頼関係強化
・首相官邸の司令塔機能を再編、強化
・拉致問題対策本部を設置
・教育基本改正法案の早期成立を期す
・「教育再生会議」を早期に発足
・イノベーションの長期戦略指針を策定
・フリーターをピーク時の8割に
・抜本的行革で「筋肉質の政府」実現
・道路特定財源は一般財源化前提に見直し


 安倍総理の所信表明演説に対しては、賛否両論あるが、どれだけ実行に移せるかである。特に注目するのは、個別の具体的な例に則した集団的自衛権の研究だろう。

 個人的には、限定的な行使ならいいと思える。例えば、日本近海でのミサイルディフェンス(MD)に限るとか・・・。

 第165回国会における安倍内閣総理大臣所信表明演説

 平成18年9月29日

 私が目指すこの国のかたちは、活力とチャンスと優しさに満ちあふれ、自律の精神を大事にする、世界に開かれた、「美しい国、日本」であります。この「美しい国」の姿を、私は次のように考えます。
 1つ目は、文化、伝統、自然、歴史を大切にする国であります。
 2つ目は、自由な社会を基本とし、規律を知る、凛とした国であります。
 3つ目は、未来へ向かって成長するエネルギーを持ち続ける国であります。
 4つ目は、世界に信頼され、尊敬され、愛される、リーダーシップのある国であります。
 この「美しい国」の実現の為、私は、自由民主党及び公明党による連立政権の安定した基盤に立って、「美しい国創り内閣」を組織しました。世界のグローバル化が進む中で、時代の変化に迅速かつ的確に対応した政策決定を行うため、官邸で総理を支えるスタッフについて、各省からの順送り人事を排し、民間からの人材も含め、総理自らが人選する枠組みを早急に構築するなど、官邸の機能を抜本的に強化し、政治のリーダーシップを確立します。未来は開かれているとの信念の下、たじろぐ事なく、改革の炎を燃やし続けてまいります。


 「美しい国創り内閣」とは、「自然豊かな日本の大地に両足をしっかりと付け、凛とした態度で政権運営を行う内閣」という事かもしれない。
 
 安倍総理の根底には、「戦後レジーム」からの脱却があるのかもしれないが、それよりも、これからの日本を背負っていく子供達の教育が何よりも大切であり、凛とした態度を養うには、教育基本法の改正が欠かせない! と共に、家庭でのしつけも大事になってくる。

 野党は、与党が提出した「教育基本法改正案」に反対の姿勢で、その主な理由は、「教育基本法改正は憲法改正と一体であるから・・・」というもの。同様の理由で、憲法改正の手続きを定める「国民投票法案」にも、反対の姿勢である。

 教育基本法の改正は、教育の根幹を成すものであり、与党単独での強行採決は好ましくないので、民主党の協力が欠かせない! しかし、(民主党の)旧社会党議員、日教組の支援を受けている議員に配慮しているのか、野党が結束して反対する構えである。
 
 野党の党利党略が透けて見えるが、子供達の立場に立って考えれば、改正に反対している場合ではないだろう。(教育基本法を改正、愛国心を盛り込めば、なぜ、戦争とかになるのだ?)
 続きを読む

at 08:22 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月29日

天下り規制の撤廃

 安倍政権 天下り規制撤廃 罰則は強化、官民交流(産経新聞) - Yahoo!ニュース

 安倍晋三首相は27日、官僚の出身官庁と密接な関係にある民間企業への天下りを2年間禁止する現行の規制を撤廃し、代わりに天下り後の「口利き」に対する罰則を強化する方針を固めた。
 29日の所信表明演説にこのような考えを盛り込み、来年の通常国会に国家公務員法改正案など関連法案を提出する。有能な人材の官民交流を促す狙いからだが、官僚の天下りには批判も強く、「2年間規制」撤廃に野党の反発は必至だ。
 
 政府は、「監視強化の方が重要だ」としているが、民主党は、「官庁が組織的に天下りを斡旋する仕組みを変える前に『2年間』を撤廃したら不正が多発する」(中堅)と批判している。 09/28 08:00

 【用語解説】 天下り規制

 国家公務員法では、退職後2年間は、退職前5年間に在職した府省庁・機関と密接な関係にある企業に就職する場合、人事院の承認を得なければならない。人事院は天下り先企業の売上額中、国の機関との契約額が25%以上の場合などは承認しない。ただ、公益法人は規制の対象外で、2年間の「待機所」として公益法人が使われるケースもある。


 天下り規制の撤廃は、小泉内閣で持ち上がった。それを引き継ぐ形で、安倍内閣で撤廃が確定する様だ。これでは、民主党が批判している様に、官庁からの天下りが増え、不正が多発する。

 談合は、官業が結託して秘密裏に行う訳で、その都度届けるのか?

 安倍内閣では、官僚支配からの脱却を試みる姿勢(官房副長官に的場順三氏を抜擢)が見られるが、今の所、官僚主導の政治体制は、変えられそうにない!続きを読む

at 08:12 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月28日

伊吹大臣・英語必修に慎重な姿勢

 伊吹文科相:英語必修に慎重な考え示す(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 次期学習指導要領に盛り込まれる見通しの小学校5年生以上の英語必修化について、伊吹文明文部科学相は27日、「必須化する必要は全くない。まず美しい日本語が書けないのに、外国の言葉をやってもダメ」と必修化に慎重な考えを示した。文科省が実施した市民からの意見募集でも必修化に消極的な意見が約4割を占めており、今後論議を呼びそうだ。

 伊吹文科相は、「英語教育よりも最低限の素養や学力を身につけさせる事が先決だ」という認識を示した。さらに中央教育審議会が英語必修化を答申した場合について、「中教審のお考えを入れるか入れないかは、私が判断をしなければいけない」と述べた。 09/27 21:53


 「小学校5年生以上の英語必修化よりも、国語力の強化に努めるべきだ」との思いが強かったので、伊吹大臣の発言には拍手を送りたい! 前大臣の小坂氏よりも、事の本質が分かっておられる。

 2006年4月7日の記者会見で、石原慎太郎東京都知事が国語力の低下を理由に小学校段階での英語必修化を「全くナンセンスだ」とこき下ろした。その事にに対して(小坂氏は)「日本語をしっかり勉強する事が基本だが、柔軟な頭脳を持っている児童が英語に親しみ、英語教育に取り組むのは決して否定すべき事でない」と英語教育の必要性を訴えた。 - フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
 伊吹大臣のプロフィール 京都の下京区に生まれ、生家は文久年間に創業した室町の繊維問屋。現在も伊吹株式会社として室町で営業。

 老舗の家庭に生まれ、京都で育ったという環境が、日本語を重んじる発言に繋がったのだろう。(英語が得意な方ほど、日本語の大切さを分かっている) 
 日本人は、どうも英語コンプレックスの塊がある様で、2、3歳から英会話教室に通わせたりする気の早い親御さんもおられる。又、アメリカンスクールの入学申し込みに殺到する光景は、外野から見ていると滑稽にも映る。

 日本人たるもの、日本語を重要視しないでどうするのか!
 本人が日常生活(仕事)に於いてどうしても必要だと感じれば、その時に英語(英会話)を真剣に学ぶだろうから、幼児期には、日本語に力を入れるべきである。小学生に至っても同じ!

 教育再生会議、来年3月までに改革案・山谷補佐官 - NIKKEI NET

 山谷えり子首相補佐官は26日夜の記者会見で、安倍晋三首相の諮問機関である「教育再生会議」を10月上旬に立ち上げ、年明けに中間報告を発表、来年3 月までに改革案をまとめる考えを表明した。再生会議は首相、官房長官、文部科学相の三閣僚と民間有識者10人程度で構成し、事務局は文科省ではなく内閣官房に設置する。

 山谷氏は、「悠長なことは言っていられない。年明けぐらいに中間報告、年度末に国民に分かる形での方向付けをしたい」と強調。中央教育審議会(文科相の諮問機関)との関係は「補完しながら教育効果を上げていきたいが、官邸と文科省で全く分けて考えている」と述べ、官邸主導で審議を進める考えを示した。 09/27 07:02
 

 山谷氏の発言からは、「中央教育審議会」VS「教育再生会議」の構図が浮かんで来る。ジェンダーフリー(教育)に異論を唱える山谷氏には、是非とも頑張っていただきたい!続きを読む

at 06:06 | 教育問題 | CM (0) | TB (0)

2006年09月27日

安倍政権誕生・御手並み拝見

 26日、安倍内閣の閣僚名簿が発表されたが、野党、マスメディアからは、論功行賞の意味合いが強い事を批判する声が出ている。確かに、その側面がある事は否めないが、首相補佐官5人の枠をフルに使い、政策の方向が似通った布陣を敷く事よって、官邸主導型への更なるステップアップを試みる姿勢は、高く評価したい! 

 丹羽・古賀4人、森と並ぶ=谷垣ゼロ、津島減る−派閥構成比・安倍新内閣(時事通信) - Yahoo!ニュース

 安倍内閣の顔触れを自民党の派閥別に見ると、総裁選で安倍晋三首相を支持した派閥が優遇された。首相の出身派閥で党内最大の森派からは4人が入閣。第3次小泉改造内閣で閣僚ポストを失った丹羽・古賀派も4人が起用され、森派と並んだ。

 丹羽・古賀派は丹羽雄哉代表が党3役の総務会長に起用された事と併せ、「念願の主流派に返り咲いた」(幹部)形だ。一方で、総裁選で自主投票だった津島派は3から2に減少。総裁選で首相に挑んだ谷垣禎一前財務相率いる谷垣派は二つあった閣僚ポストを失った。

 旧河野派は、麻生太郎外相の再任で1ポストを確保。山崎、高村両派もゼロから各1ポストを得たが、いずれも「論功行賞人事」。民間から大田弘子氏を起用した事も影響し、無派閥からの入閣はなかった。 09/26 19:01
 
 首相補佐官に中山恭子、小池百合子氏ら5氏(読売新聞) - Yahoo!ニュース

 塩崎官房長官は26日、安倍内閣の首相補佐官に小池百合子・前環境相、中山恭子・元内閣官房参与ら5氏を起用する事を発表した。

 小池氏は国家安全保障、中山氏は拉致問題をそれぞれ担当する。また、経済財政担当には根本匠衆院議員、教育再生担当には山谷えり子参院議員、広報担当には世耕弘成参院議員をそれぞれ起用する。 09/26 18:13


 国家安全保障を担当する小池百合子氏は、靖国問題に拘るマスメディアに対して、「取り上げる事自体がナンセンス」とバッサリ切って捨てた事からも分かる通り、中韓に対しての土下座外交に危機感を持っている。
 
 拉致問題を担当する元内閣官房参与の中山恭子氏は、拉致被害者家族からの信頼も厚く、拉致問題の担当から外れてからは、「中山さんは必要。復帰させて欲しい」との要望が強かった。横田めぐみさんの父滋さん(73)、母早紀江さん(70)、家族会の増元照明事務局長(50)らの期待も大きい!

 教育再生を担当する山谷えり子氏は、教育問題(教科書問題)に熱心であり、安倍氏の重要課題である教育改革(教育基本法改正、教員免許の更新制度見直し)を強力にバックアップする事になるだろう。

 広報を担当する世耕弘成氏は、小泉政権下でも広報活動に精を出していた。裏方に回っていたのが、明確な位置づけをされたに過ぎない。
 
 経済財政を担当する根本匠氏については、よく分からない。

 首相補佐官の布陣を見れば、安倍総理のやる気が窺える。特に、拉致問題担当大臣を設け、官房長官の塩崎恭久氏に兼務させる事は、拉致問題の解決へ向けた意気込みが感じられる。更には、官房副長官に、旧大蔵省出身の的場順三元国土事務次官(72)が起用された事(官僚支配からの脱却)も、評価に値する。

 安倍氏は、今年1月に発覚した上海総領事館職員の自殺事件への対応などを巡り、二橋正弘官房副長官に不信感を持っていたとされる。皇室典範改正や男女共同参画法案などを推し進めてきた古川氏につながる官僚人脈を断ち切りたいとの思惑もあるようだ。(9月26日付 産経新聞)

 閣僚に目を移してみると、沖縄・北方、少子化担当大臣に、高市早苗氏を起用。行き当たりばったり(財源確保が後回し)の少子化対策に懸念があった前大臣の猪口邦子氏よりは、適任者に思える。
 外務大臣への再任が決まった麻生太郎氏に関しては、大方の予想通りであり、外務官僚に対して物言う姿勢で、(中韓)外交に手腕を発揮して欲しい!

 懸念材料としては、農林水産大臣に松岡利勝氏が起用された事が挙げられる。バリバリの農林族議員であるので、利権を貪らないといいが・・・。(松岡氏のいい噂は聞こえて来ない!)
 
 安倍総理がどんな手腕を発揮してくれるか、「暫くは、お手並み拝見」という所だろうか。続きを読む

at 06:17 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月26日

小泉内閣総辞職

 5年5カ月の長きに亘った小泉内閣が総辞職し、安倍新内閣へと受け継がれる。
 小泉純一郎氏の功績は、改革を旗印に郵政民営化を決定した事、拉致問題が進展した事、中韓に対しての土下座外交に一区切りを付けた事などが挙げられる。「御疲れ様でした」と言いたい!

 小泉内閣が総辞職、最後の閣議で安倍氏を激励(読売新聞) - Yahoo!ニュース

 小泉内閣は26日午前の閣議で総辞職した。

 小泉首相は、「改革に終わりはない。これからも新首相と共に国民が力を合わせ、日本の将来を信じ、勇気と希望をもって改革を続けていく事を願っている」との談話を発表した。

 小泉内閣は2001年4月26日に発足し、1.980日間続き、戦後歴代3位の長期政権となった。
         ◇

 小泉首相は26日午前10時過ぎ、5年5カ月を過ごした首相官邸を去った。

 5階の執務室からエレベーターで官邸の玄関に現れると、新首相となる安倍官房長官や、集まった官邸スタッフら約150人から割れるような拍手。首相秘書官室の女性職員から赤いバラの花束を手渡されると、首相は、「どうもありがとう。ありがとうございます」と目を細め、何度も花束を頭上で振って答えた。 09/26 13:49

 小泉総理インタビュー 平成18年9月25日

【質疑応答】

【質問】 5年5カ月、日本の政治のリーダーを務め、自民党の派閥政治を変え、日本の政治をやってきた訳ですけれども、日本を良い方向に引っ張ってきたという自信はありますか。

【小泉総理】 そうですね。経済も低迷していた時期に総理に就任しましたけれども、その頃から、国会でも日本はダメだと、何やってもダメだと、この景気回復は小泉が退陣しなければ無理だと言われましたね。ただ、改革なくして成長なしじゃないと、公共事業を積み上げてね、成長なくして改革なしなんだと、そういう論争を重ねて、結局、経済も回復してきたと、やれば出来るじゃないかと意欲も出てきた、改革なくして成長なしだなと、これにも結論が出たと、良かったと思いますね。これも国民の皆さんの支持があったからだと思っています。

【質問】 高い支持率を維持したまま辞める事についてはどうお考えですか。

【小泉総理】 これはもう、任期は最初から決っているんですから、それに従うのが普通じゃないでしょうか。

【質問】 在任中、一番辛かったのはどの局面で、それをどう乗り切ろうとしましたか。

【小泉総理】 いつも緊張と重圧の中でやってきましたから、これは辛くても当たり前なんだと、天がこの辛さに耐えるように仕向けているんだと、これを乗り越えなければいけないという事でやってきましたからね。これ、ある程度辛いのを覚悟して総理大臣になった訳ですから、これが当たり前だなと、辛い時が来る度にそう思ってやってきましたから。

【質問】 具体的に思い出す場面はありますか。

【小泉総理】 みんなそれぞれね、大事な局面で、どれがという事よりも、そういう辛さを乗り越えてきた、それが良かったと思ってますね。

【質問】 外交では、ブッシュ大統領との親交を築き、初めての北朝鮮訪問も行いましたが、日朝国交正常化を果たせず、中国・韓国との冷え込んだ関係を次の政権に引継ぐという事になりますが、後悔の念はありませんか。

【小泉総理】 ありませんね。中国との、韓国との関係も、こういう時期は必要だと思っています。

 先ずね、私が首脳会談を中国と韓国と拒否しているんじゃありません。一つの問題があるからといって、首脳会談を行わないのはいいのかどうか。自分の国に対して不愉快な事があったからね、首脳会談を行わないことがいいのかどうか。これ、後になれば分かると思いますね。

 それと靖国参拝、これについてもこの一つの問題だけでこだわってね、首脳会談を行わないというのは、みんなおかしいと思っているんじゃないでしょうか。中国だから、韓国だから、その事を言うとおり聞きなさいと、そうすれば首脳会談行いますよと、どっちがいいのか、これは冷静にね、時間が経てば、やっぱり中国・韓国おかしいんじゃないかと、外国の首脳もそう思っているんですね、実際話してみて、私が説明すると。日本の国民も、靖国参拝をするというのが、これ戦没者に対する哀悼の念を表するんだと、別に軍国主義を正当化したりね、過去の戦争を正当化しているんじゃないというのが分かっているんですね。

 それから、憲法違反であるという人もいますけれども、これも伊勢神宮に毎年参拝してね、神道形式に則って参拝しているのが憲法違反という声は何も起きない、靖国参拝だけに起きる、ですから、靖国参拝を批判する人が、私のこの論に反論できないんですね。私はよく説明しているんですよ、そう思いませんか。ですからこういう問題、後になってみて、やっぱり中国・韓国の方がおかしかったんじゃないかと、こういう時期があってよかったなと、私は日中の友好論者ですし、日韓の友好論者で、就任以来、中国とも韓国とも交流をあらゆる分野において広げてきています。こういう時期は良かったと思っています。後で評価されると思います。分かると思います。

【質問】 郵政民営化の時には、自らを非情だと評しましたけれども、今振り返ってどんな思いですか。

【小泉総理】 いや、当然のことをやったと私は思っています。郵政民営化は改革の本丸だと言って総理に就任して、その法案を出して、国民の支持を受けて実現したと。ある時は非情と言われるかもしれませんけれども、国民全体にとって、これは温情だったと、必要な改革だったと、時間が来れば理解してくれると思っています。

【質問】 安倍新総裁の党役員人事、どう受け止めていますか。

【小泉総理】 よく考えた、適材適所じゃないかなと思っています。

 ありがとうございました。


 最後まで小泉節は健在でした。靖国問題(A級戦犯)に拘るマスメディアを蹴散らして居ります。

 中国は靖国問題が外交カードとして機能しない事を悟ったのか、頻りに安倍新総理にアプローチしてきている。現に、外務次官級による対話が行われた。一方の韓国は、中国のアプローチに焦ったのか、安倍氏が首相に就任した直後に、「両国関係正常化」への共同努力を促すメッセージを伝える方針だとか?今更、何を言ってきても、盧武鉉大統領が政権を担っていては、信用できないだろう。(中国も信用できないが・・・)

at 16:33 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月26日

党三役と組閣

 中川秀氏の人脈に期待…「安倍自民」三役決定(読売新聞)

 自民党の安倍総裁が25日、新たな幹事長に中川秀直政調会長(森派)の起用を決めたのは、来年の参院選をにらみ、中川秀直氏が持つ党内外の幅広い人脈を生かした挙党体制を構築する狙いがある。

 中川昭一農相(伊吹派)の政調会長、丹羽雄哉・元厚相(丹羽・古賀派)の総務会長などとあわせ、総裁選で安倍氏を派閥単位で支持した各派への「論功行賞」の意味合いもあるようだ。逆に、自主投票とした津島派、山崎派は三役ポストから外れた。

 安倍氏の人事は小泉首相と同様、直前まで漏れる事はなく、「安倍流」も「小泉流」の秘密主義を踏襲した格好となった。 09/25 13:56


 幹事長に中川氏が起用されたのは党内融和(来年の参議院選挙)を重視した結果であり、意外だったのは、中川昭一農水大臣の政調会長への起用である。安倍氏と安保、外交、教科書問題で意見が同じ中川氏の起用は、拉致問題解決へ向けて取り組む姿勢の表れか?
 丹羽氏の総務会長への起用に関しては、派閥一致の支持へ努力してくれた結果でもある。(サプライズは、石原伸晃氏の幹事長代理?)

 津島派(平成研)から三役が出なかったのは、参議院候補者の差し替えもあり得る事を示唆した結果、総裁選で(津島派の)票が麻生、谷垣、両氏に流れた事で、「支持してくれない派閥にはポストは与えない」という現れである。いわゆる小泉流を踏襲しているとも言える。(島津派からは、不満の声が出ている)

 安倍氏は、小泉総理が聖域として踏み込まなかった参議院の処遇をどうするのか、今日の組閣が注目される。続きを読む

at 09:06 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月24日

国歌斉唱はいいもんだ!

 安倍氏、一足早く“総理大臣杯”授与…実は8回目(読売新聞) - Yahoo!ニュース

 安倍官房長官(自民党総裁)は24日、東京・横網の両国国技館で行われた大相撲秋場所千秋楽の取組終了後、小泉首相の代理として、優勝した横綱朝青龍関に内閣総理大臣杯を手渡した。

 取組終盤に、安倍氏が昭恵夫人と共に観客席に姿を見せると、場内からは「総理」のかけ声もかかった。授与式では、「感動した」と叫んだ小泉首相と違い、淡々と表彰状を読み上げ、約41キロの杯を自ら抱えて手渡した。

 安倍氏は官房副長官時代に7回も同杯を授与した事があるが、今回は、「特別な重さがありました」と感慨深げに話していた。 09/24 20:28


 最近は相撲をほとんど見なくなったが、今日は自民党新総裁の安倍氏が総理大臣杯を授与する事から、注目して見ていた。

 両国国技館の観客が起立して「君が代」が流れた場面では、「相撲は国技なんだ」と改めて思い、違った空気をテレビからではあるが、感じられた。
 横綱朝青龍を捉えた映像では、口が動いていたから「君が代」を歌っていたと思う。(観客の一人が、日の丸を振っていたのも印象的であった)

 やはり、大相撲千秋楽の表彰式には、国歌斉唱は無くてはならない!  

 朝青龍が13勝目、殊勲賞に稀勢の里…大相撲千秋楽(読売新聞) - Yahoo!ニュース

 大相撲秋場所千秋楽(24日・両国国技館)――前日、2場所連続18度目の優勝を決めた朝青龍は、白鵬を寄り倒して13勝2敗とした。3連敗の白鵬は7敗。

 琴欧州は千代大海を寄り切り、ともに10勝5敗。栃東を破った露鵬も10勝5敗。安美錦、安馬は11勝目を挙げた。不戦勝ちの稀勢の里は勝ち越し。

 三賞は殊勲賞が稀勢の里、敢闘賞が安馬で、2人とも初受賞。技能賞は安美錦が3度目の獲得。十両は隆乃若が11勝4敗で初優勝した。 09/24 18:31

  

at 21:14 | 私的な意見 | CM (0) | TB (0)

2006年09月24日

中国の言い掛かりか?

 中国 日本製品しめつけ 化粧品・食品に「有害物質」(産経新聞) - Yahoo!ニュース

 P&Gジャパン(神戸市)は22日、製造・輸出しているマックスファクター「SK-U」ブランドの化粧品について、中国全土で販売を一時的に停止すると発表した。中国の検査当局が、「SK-U」シリーズからクロムなどの金属成分を検出したと公表し、すでに消費者の一部が店舗に殺到、同社は混乱回避の措置としている。同様の商品は他国でも販売されているが、トラブルはなく、中国当局が日本製品に限って締め付けを強化しているとの見方もある。

 SK-Uは日本を含む12の地域で販売されているが、中国本土以外で返品騒ぎは起きていない。香港政府は22日、独自検査の結果として、「普通に使用していれば安全」と発表。シンガポールと台湾はすでに「安全」宣言を出している。


 中国では、食品分野でも基準値を超える添加物や有害成分検出の指摘が相次いでおり、22日の中国各紙は、遼寧省や上海などでみそ汁や食用油など6種類からヒ素、鉛、カドミウムが検出され、「深刻な品質問題」が見つかったなどと報道。今年6月以降、当局が成分を問題視した食品は二十数種以上、40件を上回っている。遼寧省では調味みそからのヒ素含有量が基準値を超え、すでに輸入を禁止された。

 日本の食品の“安全性”が相次いで問われている背景には、5月下旬から中国の農産物輸出が日本の残留農薬規制強化で減少し、当局が日本からの食品輸入に過敏になっている事情がある。 09/23 08:00


 自然に存在する鉱物成分が必然的に混入し、国際的な安全基準を遥かに下回っているにもかかわらず、中国当局が一方的な発表を行っているのは、どう考えても日本への対抗処置だろう。これだから、共産党独裁政権の中国は嫌だね。

 中国共産党の顔色一つでどうにでもなるという事?だから、日本企業(外資)は慎重に対応せざるを得ないが、世界から信用が無くなって最終的に損をするのは、中国の方だろう。

at 06:44 | 中国・韓国 | CM (0) | TB (0)

2006年09月23日

法律以前の問題だ!(2)

 「国旗・国歌」通達取り消しを=原告団が都に申し入れ(時事通信) - Yahoo!ニュース

 国旗への起立と国歌斉唱を教職員に義務付けた東京都教育委員会の通達を違憲とした東京地裁判決を受け、訴訟原告団の都立学校教職員らが22日午前、都と都教委に対し、通達の取り消しなどを求める申し入れ書を提出した。
 申し入れには約60人が参加。原告側の加藤文也弁護士は、「さまざまな管理の中で教職員は苦しんでいる。判決を真摯に受け止めて欲しい」と述べた。対応した都教委の黒田則明教育情報課長は「要望は承った」と答えた。 09/22 23:00

 国旗国歌:臨時校長会で従来通りの指導求める 都教育庁(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 東京都教育庁は22日、入学式や卒業式での国旗・国歌の強制を違憲とした東京地裁判決(21日)を受け、都内で都立学校の校長を対象にした臨時校長連絡会を開いた。都立高校や盲・ろう・養護学校の校長251人が出席し、同庁は、日の丸と君が代の指導について、今後も従来通りの方針で臨む事を説明した。

 連絡会は非公開。同庁高等学校教育指導課によると、同庁側が控訴する方針を示した上で、判決の内容を説明し、「私どもの行政行為が何ら阻まれるものではないので、今まで通り、通達に基づいて国旗・国歌の指導を実施して欲しい」と要請した。また、校長2人から質問があり▽「控訴審はどうするのか」との問いには「訴訟態勢を強化する」▽「(教職員への)職務命令をどう考えたらいいのか」との質問には「一向に変わらない」などと返答があったという。

 同課の高野敬三課長は連絡会後、「周年行事や卒業・入学式に向けて課題が出てくる場合、教育庁一丸となって支援していきたい」と話した。

 東京都の石原慎太郎知事は22日の定例会見で、東京地裁判決について、「(裁判官は)都立高校の実態を見ているのかね。現場に行って見たほうがいい。乱れに乱れている」と疑問を呈し、「子供たちの規律を取り戻す為に、ある種の統一行動は必要。その一つが国歌、国旗に対する敬意だ」と指摘した。さらに、「(学習)指導要領でやりなさいといわれている事を教師が行わない限り、義務を怠った事になるから、注意、処分を受けるのは当たり前」と語り、指導徹底を打ち出した03年10月23日の都教委通達の意義を強調した。 09/22 22:53
 

 原告側の加藤文也弁護士から、「さまざまな管理の中で教職員は苦しんでいる」との発言があるが、一番苦しんでいるは原告の(元)教師ではなく、広島県の校長が自殺した事例から分かる様に、教育委員会と日教組(の教師)との板挟みにあっている校長である。御託を並べるのは、いい加減にして欲しい!

 公立の教師である以上、公式行事である入学、卒業式での国旗掲揚、国歌斉唱は、義務である。その義務を憲法の思想、良心の自由を楯にして、(義務)教育の現場で自分達の思想、信条を押し通す姿勢は、憲法云々以前に人間として、社会人としての常識を逸脱したものである。

 国旗は、国家を象徴する旗である。それを否定している以上は、日本国民である事を証明するパスポートも必要ないだろうから、海外に行く事などできやしないわな!続きを読む

at 04:03 | 教育問題 | CM (0) | TB (2)

2006年09月22日

法律以前の問題だ!

 国旗国歌:都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決(毎日新聞) - Yahoo!ニュース 

 入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制するのは憲法で保障された思想・良心の自由を侵害するとして、東京都立高の教職員ら401人が都教育委員会を相手取り、起立や斉唱の義務が存在しない事の確認を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は、「強制は違法、違憲」と判断し、起立や斉唱の義務がない事を確認した上、1人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じる判決を言い渡した。

 都教委は03年10月23日、都立学校の各校長に、「入学式、卒業式等における国旗掲揚及び国歌斉唱の実施について(通達)」という文書を通達。国旗に向かって起立▽国歌斉唱▽その際のピアノ伴奏▽こうした職務命令に従わない場合に服務上の責任を問われる事を教職員に周知――との内容で、これに従わず懲戒処分を受けた教職員らが提訴していた。

 判決では、「国旗掲揚、国歌斉唱に反対する者も少なからずおり、このような主義主張を持つ者の思想・良心の自由も、他者の権利を侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する権利。起立や斉唱の義務を課す事は思想・良心の自由を侵害する」と判断。
 さらに、「通達や都教委の一連の指導は、教職員に対し、一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込む事を強制する事に等しく、教育基本法10条1項で定めた『不当な支配』に該当し違法」と指摘した。 09/21 16:27

 国旗国歌:小泉首相が違憲判決に疑問(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 小泉首相は21日、入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制した事を違憲とした判決について、「法律以前の問題じゃないでしょうかね。人間として、国旗や国歌に敬意を表すというのは」と述べ、疑問を投げかけた。思想・良心の自由については「裁判でよく判断していただきたい」と述べるに留めた。 09/21 21:13


 東京地裁の違憲判決は到底納得できるものではなく、小泉総理がいう様に、法律以前の問題である。(法曹界は、某宗教団体に毒されている側面があるので、この様な判決が出てしまうと心配である)

 判決理由は、憲法第19条「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」、教育基本法10条1項「教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し直接に責任を負って行われるべきものである」を踏まえているが、憲法第15条2項「すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない」とするならば、国旗、国歌に敬意を表する事ができない教師は、一部の団体(日教組等)の奉仕者に成り下がっているのではないか? 又、「国旗、国歌は、軍国主義の象徴」という考えの下に、不当な支配を行って来たのは左翼教師(日教組)の方である。

 教育委員会の通達に従うのが嫌なら、私立に移るなり公務員(教師)を辞めるなり、いくらでも選択肢はある。
 「国旗、国歌=戦争」「愛国心=戦争」などという思想、信条を教育の現場に持ち込むのは迷惑であり、教育を受ける側の子供達が不憫である事になぜ気付かない、分かろうとしないのか?

 Links
国旗・国歌で起立・斉唱強制、都教委通達は違憲…地裁 - YOMIURI ONLINE
国旗国歌:学校強制に違憲判決 教職員401人が全面勝訴 - MSN-Mainichi INTERACTIVE
「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決 - Sankei Web
式での起立・斉唱定めた都教委通達は「違憲」 東京地裁 - asahi.com
国旗国歌強制は違法 東京地裁、賠償命令も - FLASH24続きを読む

at 03:20 | 教育問題 | CM (0) | TB (0)

2006年09月21日

外国人犯罪の増加

 NHKクローズアップ現代 9月20日(水)放送

 急増する外国人犯罪 〜府中刑務所からの報告〜

 外国人犯罪の増加に伴い、外国人受刑者の数が急増、全国の刑務所がパンク状態に陥っている。この10年ほどの間に、外国人受刑者の数は4倍の3.940人に急増。就労・就学目的で来日したものの、失業や地域からの孤立などをきっかけに犯罪に手を染めていくケースが目立つ。
 
 日本最大の刑務所、府中刑務所では受刑者の2割が外国人となる中、国際対策室を設置、30言語に対応できる体制を組んだ。しかし言葉、文化、生活環境の違う外国人受刑者を矯正させるのは容易ではない。精神に変調をきたし独房から出ようとしない者、外国人受刑者同士のトラブル、犯した罪を反省させることの難しさ・・・処遇困難な受刑者への対応は限界に近づいている。
 
 政府は外国人受刑者を本国に送り返し、服役させる「受刑者移送条約」に活路を見出そうとしているが、受刑者の半数近くを占める中国などアジア諸国が未加盟で、大きな効果を上げるには到っていない。府中刑務所の国際対策室に密着取材し、増え続ける外国人犯罪と日本社会がどう向き合うのか、探っていく。(NO.2297)
 
スタジオゲスト:鴨下 守孝さん(龍谷大学法科大学院客員教授)


 放送からは刑務官の苦労が伺え、言葉、文化、宗教が異なる外国人受刑者に対応する国際対策室は、てんてこ舞いである。特に、国によっては、通訳、翻訳を受けてくれる人を見つけるのに、苦労する場合もあるという。

 特に印象的だったのは、一稼ぎが目的で(密)入国した中国人は、刑が確定して刑務所に送られ後でも無罪を主張し、謙虚に反省する姿勢に欠けている事である。中には、刑務作業中に些細な事から喧嘩になり、相手に重傷を負わせる事件を起こす中国人もいる。(精神不安定から、施設の備品などを破壊するイラン人、中国人の例も紹介されていた)

 日本は、外国人犯罪者から甘く見られているので、毅然とした対応(取締りの強化)が必要である。

2006年09月21日

安倍晋三氏が自民党総裁に

 自民総裁選:安倍氏選出 麻生、谷垣両氏を大差で破る(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 自民党総裁選は20日、党所属国会議員の投票と地方票の開票の結果、安倍晋三官房長官(51)が麻生太郎外相(66)と谷垣禎一財務相(61)を大差で破り、第21代総裁に選出された。51歳での総裁就任は戦後最年少で、任期は09年9月30日までの3年間。安倍氏は25日に党役員人事を行い、26日召集の臨時国会の冒頭、衆参両院本会議で小泉純一郎首相の後継首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる。

 得票数は、安倍氏464票、麻生氏136票、谷垣氏102票、無効1票だった。
 安倍氏の得票率は66%に上ったが、陣営が目標としていた500票をかなり下回る結果になった。麻生、谷垣両氏が100票を超す得票だった事も加え、得票結果は今後の人事や安倍氏の政権運営に微妙な影響を与えそうだ。 09/20 15:06


 安倍氏が総裁に選出るされる事が確実視される中、麻生、谷垣の両氏が、三桁の票を獲得した事は、健闘に値する。特に、谷垣氏の102票は、靖国神社参拝反対、中韓との関係改善に期待する党員、議員の票と受け取れ、親中韓派の意見に少しは耳を傾けざるを得ないだろう。(党員票が、山形、京都が4票づつなのは、加藤、野中、両氏の影響?)

 安倍氏、「中川幹事長」で調整=25日新3役、組閣26日−文科相に経験者起用も(時事通信) - Yahoo!ニュース

 自民党の安倍晋三新総裁は20日、党役員・閣僚人事に着手した。26日に召集される臨時国会での首相指名を経て、同日中に新内閣を発足させる意向だ。党 3役は25日に決める。党運営の要の幹事長には、森派の中川秀直政調会長の起用で調整が進む見通し。一方、文部科学相には、同相経験者を充てる案が浮上した。
 安倍氏は22日夜から24日にかけて、山梨県河口湖畔の別荘にこもり、人事の構想を練る意向だ。 09/21 01:01


 参議院会長の青木氏との関係、来年夏の参議院選挙を見据えて、幹事長には中川政調会長の就任が浮上しているのだろうが、せっかく戦後生まれの安倍総裁が誕生した意味では、新鮮味に欠ける。
 「適材適所で、老壮青のバランスの取れたいいチームを組んでいきたい」と安倍氏が述べている事の表れか? 先ずは、25日に発表される党三役に注目したい!
 

at 06:56 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月20日

朝日新聞記者・酒気帯び運転で検挙

 朝日記者 酒気帯び運転で検挙 - NHKニュース

 全国で飲酒運転が問題となるなか、19日未明、甲府市で、朝日新聞の27歳の記者が酒気帯び運転の疑いで検挙されました。

 朝日新聞社によりますと、中川記者は、4年前に入社し、甲府総局で警察の取材を担当していました。山梨県内では、19日、身延町の教育長が酒気帯び運転の疑いで検挙されましたが、中川記者は、警察に検挙された事を19日は会社に知らせず、この事件の記事も書いていたという事です。

 朝日新聞は、20日になって本人から検挙された事を聞き、中川記者を取材活動から外し、東京本社の管理本部付に異動させたという事です。朝日新聞社広報部は、「報道に携わる者としてあるまじき行為で、事実を確認した上で厳正に処分します」と話しています。 09/20 19:33


 飲酒運転が全国的に問題になっている中で、報道する立場の人間が酒気帯び運転で検挙されていたのでは、お話にならない! 更には、検挙された事実を隠して、身延町教育長の酒気帯び運転での検挙の記事を書いていたとは、恐れ入った。

2006年09月20日

なんだかな〜、民主党は・・・

 民主党大会:福島・社民党党首ら出席へ(毎日新聞) - msnニュース

 民主党は小沢一郎代表の再選を正式決定する臨時党大会を25日に開く予定だが、大会に社民党の福島瑞穂党首ら野党幹部が、来賓として出席する事になった。来夏の参院選に向け非自公勢力の結集を目指す民主党が、党大会を通じて「野党共闘」を印象づける狙いだ。

 党大会は当初、小沢氏の再選手続きなどを行うだけの予定だったが、同じ日に自民党の新三役が決まるなど民主党が埋没する恐れもあり、「(来夏の)参院選や(10月の衆院統一)補選を考えると、ちょっと生臭い方がいい」(幹部)として、他野党の幹部を招待する案が浮上した。

 同党は社民党の他、国民新党、新党日本にも幹部の党大会出席を呼びかけており、両党とも幹部を派遣する方向で検討中。ただ、社民党幹部は、「国会での野党共闘を打ち出したい」と語っており、共闘を選挙協力につなげたい民主党側とは思惑のずれもある。 09/20 03:00


 来年夏の参議院選挙に向けた野党共闘は、自民党政権を倒す事だけが目的なのか? その様にしか受け取れないが・・・。民主党は、節操の無い小沢氏が代表だから、仕方がないか。
 
 政権奪取は、政策を実現する為の手段でなければならない! 右寄りから左寄りの議員までいる中で、民主党に何ができるのか?
 野党共闘を打ち出したいなら、社民党幹部がいう様に、政策で共闘していただきたい!

at 08:19 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月19日

安倍氏 拉致問題で中国に妥協?

 新内閣に拉致問題担当相を新設、安倍氏検討(読売新聞) - Yahoo!ニュース

 安倍官房長官は18日夜の日本テレビの番組で、次期首相に就任した場合、新内閣で、北朝鮮による日本人拉致問題の担当相の新設を検討する意向を示した。

 安倍氏は、拉致問題について、「交渉は外相が行うべきで、外交を二元化してはならない」と語る一方、「交渉だけではなく、救出とか、いろいろな対応も考えなければならない。被害者家族のケアもある。全体的に拉致問題を考え、担当する人がいてもいい」と述べた。

 安倍氏周辺では、拉致問題担当相を置く場合、帰国した拉致被害者の支援を担当した中山恭子・元内閣官房参与(66)を起用する案が浮上している。 09/19 03:20


 昨日のTVタックルでは、拉致問題に対しての安倍氏の取り組みが取り上げられていた。特に、国民が安倍氏を支持している背景には、拉致問題での貢献度、ぶれない姿勢がある事を改めて感じた。
 やはり、この人無しでは、金正日は拉致を認めなかっただろうし、拉致被害者5人の帰国はなかっただろう。帰国した5人を一旦北朝鮮に戻そうとしていた当時の外務省アジア大洋州局長の田中均氏と福田康夫官房長官に強行に反対したのは安倍氏であり、一旦返してしまっていたら、再び帰国できていたか分からない!

 9月17日で、2002年に拉致問題解決の為に小泉総理が訪朝してから4年になる。次期安倍政権では、日米中の連携で北朝鮮・金正日を追い込んで行く。その為にも、日中首脳会談の実現が重要で、会談へ向けて水面下での動きが増しており、来年の10月まで靖国神社参拝は控えるという。(秋の例大祭には参拝か?)
 
 独立総合研究所の青山氏が番組の中で語っていた通り、中国には、拉致問題は人道問題なのだから、「人道問題、人道問題」と言って、首脳会談(協力)を迫るべきである。
 安倍氏には、拉致問題解決の為には靖国問題で譲歩する考えがある様で、人道を最優先すれば、それも仕方がない事なのだろう。拉致被害者の家族は高齢で、時間的な余裕がないのだから・・・。続きを読む

2006年09月18日

「産経・古森記者」VS「ワシントン・ポスト」

 9月18日付 産経妙

 スティーブ・クレモンスなる御仁によれば、小紙と古森義久記者が「言論を弾圧している」そうだ。米ワシントン・ポスト紙に掲載された投稿文には、加藤紘一氏の実家が放火された事件などのテロ行動をあおっているかのような記述まである。

 ▼靖国神社の参拝支持を「靖国カルト」と評するような偏った内容の英文論文が、公的機関である日本国際問題研究所のホームページに掲載されたのが発端だった。古森記者がコラムで指摘すると、研究所の理事長は「深く反省」して、論文の閲覧を停止、一件落着のはずだった。

 ▼クレモンス氏は、「古森記者が理事長に対して謝罪を要求した」というが、コラムにそんな記述はない。要するにこの人は読んでいない。恐ろしい事に、こんなトンデモ論文でも、名の知れた新聞に載ると、影響力を持ってしまう。

 ▼ 早速朝日新聞が、研究所の「過剰反応」が「問題化」していると報じていた。なんだか、昭和57年の教科書誤報事件に端を発する一連の騒動を思いだす。日本では未公開の「白表紙本」の内容が、なぜか中国や韓国に流出し、両国が日本政府に、特定の歴史教科書の検定不合格を求めた問題もそのひとつ。

 ▼古森記者はすぐ反論をポスト紙あてに送ったが、2週間たっても掲載されなかった。「言論の自由」について考えさせられる対応である。


 「Wikipedia」英語版によれば、スティーブ・クレモンス(Steven C Clemons)氏なる人物は中道派のブロガーで、New America Foundationの副社長、Japan Policy Research Instituteのディレクターらしいが、偏見に満ちた内容の記事はいただけない! 古森記者の反論投稿を掲載しないワシントン・ポスト紙の方こそ、言論弾圧ではないのか!
 
 外務省認可の(財)日本国際問題研究所が、補助金を受けていながらH.Pに反日論文を載せていた事が問題なのだ! ここぞとばかりに、ワシントン・ポスト紙の尻馬に乗る朝日新聞は、どうしようもない!
 続きを読む

2006年09月18日

やせ過ぎモデル 規制の動き

 やせ過ぎモデル規制の動き、英、伊にも広がる=著名スーパーモデル締め出しも(時事通信) - Yahoo!ニュース

 スペインでこのほど、やせ過ぎのモデルがファッションショーへの出演を禁止されたが、英国でも同様の動きが出ている。報道によると、世界のファッションの発信地、イタリアのミラノでも規制の動きがみられるという。

 ロンドン・ファッションウィークが18日から始まるが、16日付の英各紙によると、食事障害防止団体や閣僚がやせ過ぎのモデルへの懸念を相次いで表明し、主催者は規制導入への大きな圧力を受けている。彼らは、スペインのマドリードのショーの場合と同様に、身長と体重の比率が一定の数値を満たさないやせ過ぎのモデルは、ショーに出さないよう求めている。同様の規制がミラノでも検討されているという。 9月17日12時38分更新
 
 やせ過ぎモデルのファッションショーからの締め出しに、やっと乗り出した感がある。ファッションモデルのスタイルに憧れる女性もいる事から、好ましくないと思っていた。

 太ってもいない女性がダイエットに走る傾向に対して、歯止めが掛かるきっかけになれば良いが・・・。

2006年09月17日

ネットでは麻生氏が人気だが・・・

 「Yahoo!みんなの政治」の投票「自民党総裁選に投票できるなら、どの立候補者に投票しますか?」では、麻生太郎氏が54%で一番人気である。だが、クッキーを削除すれば一人で何回も投票ができるので、この結果は、素直には受け入れられない。やはり短期間で、1人1回の投票でなければ公正とは言えないだろう。

 仮に1人1回しか投票できなかった場合でも、結果は麻生氏が一番になるような気がする。麻生氏に投票した方達は、靖国参拝を明言しない安倍氏の姿勢に、がっかりしているのかもしれない。

 きっ子の日記では、「テレビのニュース番組や新聞の世論調査なんて、そのほとんどがデタラメだ」などと得意になって批判しているが、ネットなら信用できるのか?
 ttp://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=338790&log=20060915

at 22:39 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月17日

竹中平蔵氏 議員辞職へ

 竹中総務相が議員辞職表明 「小泉首相支える役割終わった」(産経新聞) - Yahoo!ニュース

 竹中平蔵総務相(55)は15日の記者会見で、小泉内閣の総辞職に合わせ、参院議員を辞職する意向を表明した。

 慶大教授だった竹中氏は平成13年4月の小泉内閣発足時に経済財政担当相で初入閣。その後、金融担当相、郵政民営化担当相を歴任。16年の参院選で比例代表候補として出馬、約72万票を獲得し当選を果たした。

 竹中氏は、会見で「私の政治の世界の役割は小泉純一郎首相を支える事だった。私の役割は終わる。大臣を引き受けた時点からずっと考えていた」と議員辞職の理由を説明した。
 小泉首相は15日、官邸で記者団に対し「小泉内閣の改革を語る場合、竹中大臣なくして語ることはできない。悪意に満ちた批判にもよく耐え、よく頑張ってくれた」と述べ、竹中氏をたたえた。
 辞職は28日の参院本会議で許可される見通し。 09/16 08:00


 安倍政権が誕生する事が確実視されているが、竹中氏の入閣(存在感を示す場所)は無さそうであり、小泉内閣の総辞職と共に参議院議員を辞職するのは当然だろう。小泉総理の強力な後ろ盾があったからこそ、銀行の不良債権処理、郵政民営化で力を発揮できた訳だから・・・。

 現在、日本は景気が回復傾向にあり、「結果良ければ全て良し」としたい所だが、りそな銀行の公的資金の注入決定に関しては色々な噂があり、事実関係が分からない以上は、好評価は付けられない。更には、16日発売の週刊誌では、政治資金規正法に絡む金銭スキャンダルが報じられている。

 竹中氏が経済財政政策担当大臣に抜擢されてからは、小泉総理からすれば抵抗勢力の議員等が経済政策に対して異論を唱え、「政治家ではない民間の経済学者ごときが、政府に深く関与するのは好ましくない」「アメリカのハゲ鷹ファンドの手先」等の批判も挙がっていた。
 民間人のまま大臣の職務を全うできれば、それに越した事はなかったが、批判の声を少なくする為にも、政治家になる決断をしたのだろう。

 ■神取氏繰り上げ

 平成16年の参院選で自民党比例代表の次点だった神取忍氏が繰り上げ当選する。

 神取 忍(かんどり・しのぶ)41 自 新(1)

 比 プロレスラー・会社社長・東京都文京区・横浜学園高


 竹中氏の辞職に伴い繰り上げ当選が決まった神取忍氏に対しては、「プロレスラーに何ができる」等の批判もあるが、決まった以上は、本人に努力してもらうしかないし、政治家としての可能性は未知数でもある。
 個人的には、「柔道、プロレスでの経験を生かして、教育問題に取り組んで欲しい」と思っている。続きを読む

at 07:30 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月16日

日ハムの新庄 自民が参院選出馬打診

 日ハム・新庄に自民が参院選出馬打診…その気はなし?(読売新聞)  - NEWS@nifty

 自民党の久間総務会長は15日、記者団に対し、プロ野球・北海道日本ハムファイターズの新庄剛志外野手(34)に来年夏の参院選への出馬を打診している事を明らかにした。

 同党では比例選への擁立を検討している。新庄選手は今季限りでの引退を表明しているが、久間氏によると、「今の段階では、その気はありません」と答えているという。

 これについて小泉首相は同日夜、「初めて聞いた。しかし、出れば面白い。様々な分野から国会議員になるのはいいことだ」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 一方、民主党の鳩山幹事長は同日、「パフォーマンスが派手で、人気があれば政治に使えるという発想は、すべての政党にとって望ましくない」と批判した。 [読売新聞:2006年09月15日22時26分]

 この件に関しては鳩山幹事長の言うとおりであり、自民党が、新庄選手を集票マシーンに利用する事は分かりきっている。

 参院選へ出馬すれば面白いかもしれないが、政治家になって何をやるのか、やれるのかは疑問であり、杉村泰蔵議員の様に、軽はずみな発言をしないとも限らないだろう。(政治家になれば、変身する事もあり得るかな?)
 

at 08:35 | 政治全般 | CM (0) | TB (1)

2006年09月16日

安倍氏 重要課題は「教育改革」

 教育改革で諮問会議新設・安倍氏、講演で構想表明 - NIKKEI NET

 安倍晋三官房長官は14日午前、自民党本部で開いた党青年局主催の総裁選討論会で講演し、首相に就任した場合、教育改革を議論する首相直属の諮問会議を新設する方針を明らかにした。教員免許の更新制など改革の具体策については反発があっても推進する決意を強調。大学の入学時期を9月にずらし、その間を奉仕活動に充てる改革案も提唱した。

 教育改革は安倍氏が政権構想で重要課題と位置付けるテーマ。講演では「英知を結集していく必要がある。教育の専門家、国際的な高い見識を持った方に集まってもらい教育再生を議論する」と述べて諮問会議設置の方針を示した。

 教育改革については、「大きな反発があるかもしれないが、もう待ったなしだ。しっかりと前に進めていく」と強調。「教員に向かない先生がいるのも事実で、免許更新制度はしっかり取り入れなければいけない」と訴えた。 09/14 12:33


 産経新聞の記者が書いているブログ「安倍氏は日教組と正面から闘うだろう」を読むと、日教組が子供達の教育にマイナスである事を改めて感じさせられる。

 公務員なら決められた事(国旗掲揚、国歌斉唱)に従うのが当然であり、国歌斉唱に関しては、「歌わない自由もある」などと自由を履き違えている教員がいるのも事実で、倍氏の教育改革(免許更新制度の見直し)に期待したい。それが無理ならば、ブログのコメントにもあるように、教育基本法の第10条を厳正に適用して欲しい!

 教育基本法

 第十条(教育行政)

1 教育は、不当な支配に服することなく、国民全体に対し直接に責任を負つて行われるべきものである。

2 教育行政は、この自覚のもとに、教育の目的を遂行するに必要な諸条件の整備確立を目標として行われなければならない。


 民主党代表の小沢氏は、教育問題に熱心だと言われているが、日教組の支援があり、自身もその出身である輿石東氏を抱えていては説得力がないどころか、政権を取った場合、教育改革などできやしないだろう。
 

at 07:00 | 教育問題 | CM (0) | TB (0)

2006年09月15日

グレーゾーン金利撤廃に思う

 貸金業規制:関連法改正案、自民・小委が取りまとめへ(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 自民党は15日、貸金業小委員会(増原義剛委員長)を開き、貸金業の規制強化に向けた関連法改正案取りまとめを目指す。増原委員長ら小委の幹部は、金融庁が提出した案を修正し、さらに官邸に、「多重債務問題対策本部」を新設して政府全体で多重債務問題に取り組む姿勢を打ち出した上で合意を取り付けたい考えだ。だが、上限金利の引き下げ時期や特例高金利を巡り、慎重派と積極派の双方から金融庁案への批判が噴出しており、難航する可能性もある。

 14日夜、中川秀直政調会長と金子一義・党金融調査会長が会談し、15日中に取りまとめを図る方針を確認した。
 金融庁案は、出資法の上限金利(29.2%)を法改正4年後に20%に引き下げてグレーゾーン金利を撤廃。その後の5年間は「50万円・返済期間1年以内」の融資に限り、28%の特例高金利を認めるとしていた。
 これに対し、大塚拓衆院議員ら若手議員グループは、改正法施行後ただちにグレーゾーン金利を廃止し、その後3年間「30万円・半年以内」の融資について25%の特例高金利を認めるとの対案を提出。一方、金利引き下げに慎重な保岡興治元法相らは、改正4年後に上限を26%に下げ、以降3年ごとに引き下げの是非を検討する案を示している。 09/15 03:05


 法案に携わっている議員達は、借りる側の立場になって議論しているのか疑わしい! グレーゾーン金利、特例高金利は、即座に撤廃が筋だろう。だが、切羽詰まればどうしても借りたい人がいる訳で、方策がなければ闇金融に流れる恐れもあり、グレーゾーン金利撤廃は、多重債務者の減少には一定の効果はあるだろうが、根本的な解決にはならない気がする。
 
 消費者金融だけに焦点が当たりがちだが、(大手)銀行が2%足らずの金利で、消費者金融に融資資金を貸し出しているのも、問題ではないのか? その部分は、放って置くつもりなのか?
 日本銀行が5年間続けてきた「量的緩和政策」で、民間銀行は、溢れたお金を消費者金融に廻していたし、公的資金が注入されていながら消費者金融の片棒を担いでいるのは、何か腑に落ちないものがある。続きを読む

at 06:49 | 政治全般 | CM (0) | TB (1)

2006年09月14日

どうする?集団的自衛権の行使(2)

 民主党小沢代表の基本政策の要旨では、「米国とは対等な真の同盟関係を築く」とあるが、何を持って対等なのか? 集団的自衛権の行使に関しては、「自衛権は個別的であれ集団的であれ、憲法9条にのっとって、我が国が急迫不正の侵害を受けた場合に限って行使する」と個別的自衛権(専守防衛)に限定しただけで、集団的自衛権には触れていない。
 これでは、「寄り合い所帯の民主党内で意見集約を図ろうとすれば、党内対立が生まれる」と言われても仕方がないだろう。逃げていないできちんと意見集約を図るべきで、その上で、与党と外交安保で論戦を交わして欲しい。そうでなければ、政権奪取は、厳しいのではないか?
 
 米司令官、集団的自衛権行使の必要性主張 - Sankei Web 

 在日米海軍のジェームズ・ケリー司令官は7日、「日米両国が進めるミサイル防衛(MD)の効果的運用には、日本側が憲法解釈上禁じている集団的自衛権を行使する必要がある」との認識を示し、「日本国内で憲法(9条)の改正を含め、議論が深まるのを期待する」と述べた。在日米軍の現役最高幹部が憲法問題で踏み込んだ発言をするのは極めて異例。在日米海軍司令部(神奈川県)での報道関係者との懇談で述べた。

 ケリー司令官は、MDで敵の弾道ミサイルを捕捉し、迅速に判断して撃ち落とすには、「指揮統制や集団的自衛権の問題がある」と指摘し、既に日米間の協議が始まった事を明らかにした。
 また、日本近海でMD任務に就く艦艇への敵の攻撃を例に挙げ、「海上自衛隊が攻撃された場合、米海軍は守れるが、逆のケースでは海自は米海軍を守れない。互いを守り合う仕組みが必要だ」と強調。 09/07 23:33


 限定的にでも集団的自衛権の行使を認めないと、MDの実践配備、活用時には、支障が出る事は明らかである。
 現状の政府解釈では、同盟国が側で攻撃を受けた場合でも見捨てるしかなく、これでは、対等な真の同盟関係とは言えないだろう。(対等な真の同盟関係を築くのであれば、先ずは、日本の主権が蔑ろにされている「日米地位協定」の見直しが必要) 
 
 「MD構想で、弾道ミサイルは迎撃できるのか疑わしい。それなら必要ない。MD構想は、予算の無駄使い」等、左寄りの方達の意見もあって、確かに一理はあるが、日本を射程圏内に収めている北朝鮮、中国の弾道ミサイル配備に対して、無防備であってはならない!

at 18:18 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月14日

「きっこの日記」完全単行本化・誰が買うのか?

 ガセネタもある「きっこの日記」が、完全単行本化 1,365円(税込)。いったい誰が買うのか?

 耐震偽装では、マスコミ報道よりも面白かったので読んでいたが、それ以来読んでいない。言いたい放題はいいが、責任を持て!

 アリフェイトに批判的だったのに、結局は金儲けか? 底が知れたな!

・http://megalodon.jp/?url=http://www3.diary.ne.jp/user/
338790/&date=20060906192030
・http://www.j-cast.com/2006/09/07002875.html
・http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1157540591/

at 07:42 | 私的な意見 | CM (1) | TB (0)

2006年09月13日

民主党 小沢代表の基本政策に思う(2)

 民主党の小沢代表は、昨日のNHK「ニュースウオッチ9」に出演し、基本政策について語っていたが、特に印象に残ったのは、「自民党は、官僚機構に丸投げの政治」と批判していた事である。
 民主党が政権を取ったら、官僚機構との関係見直しを行うそうだが、果たしてできるのだろうか? 官公労(自治労、日教組)とズブズブの関係がある議員を抱えて、どうやってメスを入れるのか? (自治労は腐っている。どうする小沢代表
 前原氏が代表になった時、労働組合とは侃侃諤諤の議論を行って答えを出す(言いなりにはならない)事を鮮明にし、労働組合との関係見直しを打ち出した。
 「民主党は変われるのかもしれない」と期待したが、小沢氏が代表に就任した事で、選挙目当ての(前原代表の時にギクシャクした)関係改善を打ち出した事により、その可能性が低くなった。(一言で言うなら、残念である)

 【補足】 ウェブ魚拓の自治労HP「困ったときの法律相談所 飲酒運転防止の行きすぎ」が、見られるようになったりならなかったりしている。どうなってるの? そんな方には、ブロガーが保存した「 自治労に巣食う困った弁護士たち」をどうぞ!

 社説:小沢代表再選 「古い人」批判にどう応える(毎日新聞)- msnニュース

 民主党の代表選挙が12日、告示され、小沢一郎代表の無投票再選が確定した。

 対立候補が一人も出馬せず、党内の政策論争の機会が失われたのは残念だ。だが、一大決戦となる来夏の参院選を控え、既に自民党から「小沢氏は手ごわい」と警戒感が広がっているのも確かだ。自民党総裁選の候補者からは、「小沢氏は古い永田町の代表選手」と酷評する声が出ている。この「古い」との批判にどう応えるか、小沢氏の課題はまずそこにあるのではなかろうか。

 冒頭に教育問題を掲げたのは、安倍氏が「教育再生」をアピールしているのを意識したからだろう。高校までの義務教育化や就学年齢を5歳に引き下げる事などを思い切って掲げている。

 続くのが格差是正だ。小沢氏は「小泉政権下でセーフティーネットが作られないまま、規制緩和など自由な要素を強調したことが格差問題につながっている」と語り、「正規雇用を推進する」「非管理職の勤労者は終身雇用を原則とする」と唱えている。

 政治がどこまで関与できるか限界はあろうが、問題の本質はバブル崩壊後続いた企業のリストラで生じた正社員、非正社員の格差にあるとの指摘は間違っていない。

 国会議員と地域、官僚組織との利権の温床になると言われて久しい個別補助金の廃止も提案している。これも自民党政権が踏み切れないでいる課題である。

 ただ、懸念材料も少なからずある。例えば農業政策だ。政府が大規模農家に限定した所得補償を打ち出しているのに対し、小沢氏は対象を中小農家にも広げている。参院選は農村部も多い「1人区」が勝敗の決め手となるというのだろう。だが、「かつてのバラマキ政治に戻るのか」という批判は当然出てくる。なぜ今の時代に必要なのかの説明が一段と必要だ。

 一方、安保問題に関しては、党内の対立を恐れてか、持論である自衛隊とは別組織としてつくる「国連待機部隊」構想などは今回は触れなかった。しかし、憲法改正問題も含め、「肝心なところで民主党はバラバラだ」と国民も見ている。当面は棚上げしても、いずれ、党内をまとめなくてはならない時は来る。

 マニフェストの時代。参院選では、年金の一元化をはじめ政策が実現可能かどうか、具体性も問われる。25日の党大会までには、まだ日がある。小沢氏の基本政策をたたき台に、オープンな場で、全国会議員で政策論議を何時間も続けたらどうか。党をあげて、政策を肉付けしていく事が必要だ。 09/13 00:11

2006年09月12日

56%が皇室典範を改正する必要がある

 NHK世調 内閣支持率51% - NHKニュース

 NHKは、今月8日からの3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDDという方法で世論調査を行いました。調査の対象になったのは1.674人で、このうち64%にあたる1.075人から回答を得ました。 09/11 19:05

 小泉内閣 ・「支持する」 51% ・「支持しない」 39%

 小泉内閣を支持する理由
・「実行力があるから」 37%
・「ほかの内閣よりよさそうだから」 30%

 支持しない理由
・「政策に期待が持てないから」 45%
・「人柄が信頼できないから」 17%

 女性やその子どもの女系にも皇位の継承が認められるよう現在の皇室典範を改正する必要があると思うかどうか
・「改正する必要がある」 56%
・「改正する必要はない」 33%

 「改正する必要がある」と答えた人に改正する時期について
・「できるだけ早く改正すべきだ」 33%
・「十分な時間をかけたうえで改正すべきだ」 67%

 これからの皇室に望む事を2つまで回答
・「外国を訪問して国際親善を進める」 42%
・「日本の文化や伝統の継承に努める」 34%
・「自分の考えをもっと率直に発言する」 32%
・「日本各地に出かけて国民と触れ合う機会を増やすが 30%


 小泉総理が退陣間際というのに、内閣支持率が51%もあるのは異様でもあるが、ワンフレーズポリティクスと揶揄された「改革なくして経済成長なし」「郵政民営化は、改革の一里塚」「自民党をぶっ壊す」等のワンフレーズを何回も繰り返す事によって、国民の心に残った事が大きかったのだろう。(閉塞感が蔓延してる政治に、改革をもたらしてくれるという期待感)又、庶民性をアピールする(国民との距離感を詰める)為なのか、私的なオペラ鑑賞等にまでメディアへの露出が目立った事も影響しているのではないか? (個人的には、「X JAPAN」の「Forever Love」が好きという発言に、若者との距離感が詰まったような感じを受ける)

 皇室典範の改正に関しては、「56%が改正に賛成」の世論調査の結果が出ているが、「女性やその子どもの女系にも・・・」との問い方は、不適切である。「愛子様が天皇家と関係のない男性と結婚し、生まれた子供に皇位継承を認めますか」と問わないと・・・。
 愛子様と天皇家と関係のない男性の間に生まれた子供は、男女に関係なく女系天皇になる事を理解している回答者(国民)が、どれだけいるのか疑わしい!

 日本テレビ世論調査 1/20(金)〜1/22(日)

 Q:あなたは、「女性天皇」と「女系天皇」の違いについてご存知ですか、ご存知ではありませんか?

 A:知っている 36.7%
 知らない  53.2%
 わからない、答えない 10.2%

 1月の世論調査の結果ではあるが、「女性天皇」と「女系天皇」の違いについて、知らない、分からない、答えないが63.4%に上る。やはり、125代(現在)の天皇陛下まで「男系」で続いてきた皇位継承を「女系」まで認める事は、慎重であるべきだ! 男女平等云々の理屈ではない! 例えば、ローマ法王が男性で継承されて来た事に、理屈があるのか?

 過去の関連記事
皇室典範改正は時期尚早(2)(2006/01/28)

 新宮さま、お名前は「悠仁」…命名の儀(読売新聞) - Yahoo!ニュース

 秋篠宮ご夫妻に誕生した新宮さまの「命名の儀」が、12日午後3時35分から愛育病院(東京)で行われ、お名前は「悠仁(ひさひと)」、身の回りの品につける「お印(しるし)」は「高野槇(こうやまき)」と決まった。

 宮内庁によると、「悠」には「ながい、ゆったりとした」という意味があり、ご夫妻は「ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでいくことを願って」命名された。

 高野槇は、幹が直立する日本固有の常緑高木。「大きく、まっすぐに育って」という思いを込められた。

 親王の名前は2文字で「仁」をつけるのが原則。宮家の子は宮さまがつけることになっており、秋篠宮さまは意味と音を重視、歴代天皇や皇族の名に使われていない字から、学者の意見も聞き、天皇陛下にも相談して決められた。 09/12 15:54続きを読む

at 18:24 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月12日

民主党 小沢代表の基本政策に思う

 小沢民主代表:再選目指し立候補表明 「使命は政権交代」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 民主党の小沢一郎代表は11日、国会内で記者会見し、12日告示の党代表選に再選を目指して立候補する考えを表明すると共に、立候補に向けた基本理念と基本政策を発表した。小沢氏は会見で、「代表の使命は政権交代。来年の参院選で自公(両党)を過半数割れに追い込む事を最大の目標にする」と強調した。 09/11 23:00
 
 民主党の小沢一郎代表の基本政策(要旨)

 ◆「人づくり」から「国づくり」を始める 「日本国教育基本法」を制定
 ▽義務教育は国が最終責任を負う。市町村が創意工夫できる制度に
 ▽高校までを義務教育化し、中高一貫教育を実現。就学年齢を5歳に引き下げ

 ◆格差をなくして国民が助け合う仕組みをつくる 官民とも管理職は自由競争だが、非管理職は終身雇用を原則とする
 ▽議員年金も含めすべての年金を一元化。消費税を福祉目的税化し、消費税を財源として1人月額6万円を支給する基礎年金と、所得比例年金の2階建てに統一

 ◆まず食料から国民の安全と安心を確保する 食料の完全自給を目指す
 ▽小規模生産でも生活できるよう総合的な農山漁村振興策を実施
 ▽農家の生産費と市場価格の差額を補償する制度を創設

 ◆地方を豊かにする 中央からの個別補助金を全廃し、自主財源として自治体に一括交付
 ▽全国の市町村を300程度の基礎的自治体に集約し、国と基礎的自治体による二層制を目指す

 ◆平和を自ら創造する 対等な真の日米同盟を確立。中国、韓国をはじめアジア諸国との信頼関係を構築する
 ▽自衛権は憲法9条にのっとり、個別的であれ集団的であれ我が国が急迫不正の侵害を受けた場合に限って行使する
 ▽国連を中心の平和活動に積極的に参加

 ◆政治を国民の手に取り戻す 国会審議に官僚を参加させない
 ▽侵略やテロ、大規模災害などの非常事態に一元的に対処する制度を創設
 ▽憲法以下の法制度の欠陥を速やかに是正する


 9月12日付・読売社説(2)[小沢代表再選]「政策論議を『なァなァ』にするな」 - YOMIURI ONLINE

 今回の基本政策では、主要な農作物について、市場価格が生産費を下回った場合、その差額を各農家に支払う「個別所得補償制度」の創設を掲げている。
 意欲のある農家に対象を絞り、直接所得の一部を補償するのなら分かるが、小沢氏の構想には小規模な兼業農家も含まれる。バラマキ政策ではないか。

 食料自給についても、輸入に頼らず、国民が必要な最低限のカロリーをまかなう食料は国内ですべて生産する体制を確立するとしている。40%に落ち込んだ食料自給率を高める事は重要だが、完全自給をどう達成しようというのか。

 消費税は福祉目的税とし、その全額を社会保障関係費の財源に充てるとしている。だが、肝心の税率が示されないのでは、国民の負担がどれだけになるのか、分からない。

 憲法改正については、非常事態の規定がなく、憲法以下の法制度にも国民生活の根幹にかかわる「重大な欠陥」があるとし、法制度の欠陥を是正するとしている。これだけでは、どういう改正を考えているのか、分からない。

 集団的自衛権の問題も不透明だ。小沢氏は、「自衛権は憲法第9条に則(のっと)って、個別的であれ、集団的であれ、我が国が急迫不正の侵害を受けた場合に限って行使する」とするだけだ。「急迫不正の侵害」は、個別的自衛権の事態である。問題に正面から答えていない。
 自民党はすでに新憲法草案をまとめている。民主党も条文の形で改正案を示すべきである。

 小沢氏が、憲法や安全保障政策で具体的な政策を示さないのも、党内融和を最優先に来夏の参院選勝利への戦略を考えるからだろう。「寄り合い所帯」の民主党内で意見集約を図ろうとすれば、党内対立が生まれるからだ。
 そうだとすれば、小沢氏の「なァなァではいけない」という姿勢と著しく食い違う事になる。「常識の政治」を肉付けする為にも、基本政策での意見集約が欠かせない。 09/12 01:42


 読売新聞が社説で、小沢代表の基本政策の問題点を指摘している。まったくその通りであり、一点だけ補足するなら、消費税の福祉目的税化には反対である。
 自民党の総裁候補の中からも目的税化の発言があるが、消費税は、一般財源(一般会計)にすべきである。目的税云々を言うなら、先ずは道路特定財源(目的税)の一般財源化を行うべきであり、議論が先延ばしになっているのは解せない。

 小沢代表の基本政策は、参議院選挙で与党を過半数割れに追い込む為だけに掲げたに過ぎず、古い自民党の政治手法(バラマキ)そのものであり、これと言った目新しさも感じず、民主党内の意見集約を行った(行える)とは言えまい。
 農家に支払う「個別所得補償制度」は、新しいと言えなくはないが、財源はどうするのか? 農家の選挙票目当てか? 義務教育の拡充に関しても、財源はどうするのか?

 憲法(改正)や安全保障政策(集団的自衛権の行使)に関しては、旧社会党議員に気を使って曖昧なままでは、政権は任せられない。(横道氏と合意が成されている「国連待機部隊」の創設は無駄であり、自衛隊を活用すれば良いだけの話)

 Link 
トヨタ1社で1,964億円も還付 消費税の輸出戻し税 04年度で試算 上位10社で7,727億円

 過去の関連記事
どうする?集団的自衛権の行使(2006/08/28)

2006年09月11日

加藤紘一氏 政府は誤り認めよ!

 武部自民幹事長、イラク戦争の検証が必要=加藤氏、政府は誤り認めよ(時事通信) - Yahoo!ニュース

 自民党の武部勤幹事長は10日午前のテレビ朝日の番組で、米上院情報特別委員会がイラクの旧フセイン政権と国際テロ組織アルカイダとの関係を否定した報告書を発表した事について、「我々もしっかり検証しなければいけない」と述べた。ただ、「それ(報告書)を見てその通りと断定してコメントする事は差し控えたい」と報告書への評価は避けた。
 一方、加藤紘一元幹事長は同じ番組で、「ブッシュ大統領も今回の発表以前に『自分たちが開戦に至った時の情報は間違いだった』と認めている。日本政府も『あれはまずかったな』と早めに言った方が泥沼に入らない」と述べ、日本政府も誤りを認めるべきだとの考えを示した。 09/10 13:01


 アメリカのイラク開戦は、今思えば、もう少し大量破壊兵器があるかないかの検証作業が必要だった。フセインの独裁政治からの開放を差し引いても、スンニ派とシーア派の宗派間対立が激化し、内戦状態に陥っている現状を見れば、イラク開戦は早急だったのかもしれない。(アメリカ国内では、イラクから兵を撤退するよう抗議運動の盛り上がりも見られる)

 加藤氏は、「アメリカからの情報が間違いだったのだから、日本も間違いを認め、反省せよ」という事だろうが、日本は、独自の情報収集能力を持ち合わせていない訳で、当時はアメリカの情報を信用する他はなかったし、日米同盟の観点からも小泉内閣は、イラク開戦支持に動かざるを得なかった。(戦後60年、日本が平和で来れたのは日米安保の恩恵を受けていたからであり、その点を顧慮しなければならない!)

 加藤氏の山形の実家が右翼に放火され、左寄りは、「言論弾圧を許すな」と息巻いているが、なぜ放火されるに至ったのかを考えて欲しい。
 92年には天皇陛下の訪中反対を訴え、この右翼関連団体の構成員が、宮沢首相(当時)の私邸前で割腹自殺未遂事件を起こしている。

 民主化運動を武力で弾圧した天安門事件で、経済制裁等で世界から孤立した中国を助ける為、天皇陛下の訪中のお膳立て(天皇、皇后両陛下を政治的に利用)をしたのが、宮沢内閣で官房長官だった加藤氏である。(経済制裁の最中、世界に先立って、ODAの再開も表明)

 まともな国民なら、国益に反する言動が目立つ加藤氏に、同情する筈がない! 加藤氏自身も、中国の為に、天皇、皇后両陛下を政治的に利用した事を反省していただきたい! (断っておくが、言論弾圧を容認している訳ではない)

at 08:35 | 政治全般 | CM (0) | TB (0)

2006年09月10日

フィリピンとの自由貿易協定

 対フィリピンで自由貿易協定 - NHKニュース

 フィンランドを訪れている小泉総理大臣は、日本時間の9日夜、フィリピンのアロヨ大統領と会談し、フィリピンから看護師や介護福祉士を受け入れる事や労働市場の一部開放などを盛り込んだ自由貿易協定を締結しました。
 この会談で、小泉総理大臣とアロヨ大統領は、両国が貿易や投資の自由化を幅広く進める事を定めた自由貿易協定を締結する事で合意し、協定に署名しました。

 協定には、日本側が、日本で語学研修を受ける事などを条件にフィリピンから看護師と介護福祉士を受け入れる事が盛り込まれています。また、鶏肉やパイナップルなどについて、低い関税によるフィリピンからの輸入枠を設けるなどとしています。一方、フィリピン側は、協定発効から10年以内に鉱工業製品のほぼすべての品目で関税を撤廃するなどとしています。
 
 日本が自由貿易協定を結ぶのは、シンガポール、メキシコ、マレーシアに次いで4か国目ですが、労働市場の一部開放が盛り込まれたのは初めてで、両国は、日本に受け入れる看護師や介護福祉士の具体的な人数などについて、今後、協議する事にしています。 09/10 05:48


 フィリピンは、他国へ労働力を輸出する事で成り立っている様な国なので、看護師と介護福祉士を受け入れる自由貿易協定の締結に躍起になっていた。だが、人の移動は余程慎重にならないと、外国人による犯罪が増えている今日、被害を被るのは日本人である。(逆に、日本人による人権侵害等も懸念される)

 看護師と介護福祉士の選定はフィリピン側が行うのだろうが、日本に来たはいいが、途中で所在不明などとならないとも限らない! その辺りが不安である。続きを読む

2006年09月10日

「キレる子」の原因を探る?

 「キレる子」の原因探れ、食事・睡眠など追跡調査へ(読売新聞) - Yahoo!ニュース

 児童・生徒が授業中などに突然、「キレる」原因を解明しようと、文部科学省は2007年度から、「定点観測」調査に乗り出す。

 食事、テレビ視聴などの生活習慣や家庭環境が「キレる」現象にどう影響しているかを探る事で、生活・学習指導に役立てるのが狙いだ。

 同省は来年度予算の概算要求に約1億5.000万円の関連経費を盛り込んでおり、今後、モデル校や調査テーマ設定などに着手したいとしている。

 小中学校などの学校現場では、近年、普段はおとなしい児童・生徒が教師から注意を受けると、突然、「うるさい」と食ってかかったり、教師に暴力を振るったりする「キレる」行動の増加が問題になっている。 09/09 14:34


 普段はおとなしい児童・生徒は、表立って自己主張ができない訳で、溜まりに溜まった不満が、教師の何気ない一言によって、一気に爆発する様な気がする。おとなしい、いい子に限って、自己顕示欲が強かったりする。自己主張したいけどできない、その狭間で揺れ動いている難しい年頃なのかもしれない。又、過剰な受験競争等によるストレスも、関係しているのではないか? 
 普段はおとなしい子供が突然キレるのは、食生活、家庭環境その他の要因が複雑に絡み合っていると思われるが、その原因の根本は、本人の性格にあるのではないか?

 キレる原因を追究する為の概算要求の約1億5.000万円も良いが、それよりも、教師の質の向上の方が先ではないだろうか?それに加え、親のいい加減さが目立つのも問題なので、改善を促す必要がある。
 給食費を払える余裕があるのに、「義務教育だから払う必要がない」などと勝手な事を言って払わない、どうしようもない親も存在するのだから・・・。

at 05:43 | 教育問題 | CM (0) | TB (0)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。