2010年03月20日

プリウス急加速事故 操作ミスの可能性

 運転手が操作ミスの可能性、米NY州のプリウス事故 - MSN産経ニュース

 トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」が米ニューヨーク州の道路で急加速して壁に衝突、運転していた女性がけがをする事故が起きたとされる問題で、米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は18日、女性が運転を誤った可能性があると報じた。

 ただ、AP通信は地元警察が「運転ミスとの捜査結果は出ていない」としていると伝えた。

 トヨタなどが事故を起こしたプリウスの車載コンピューターのデータを解析したところ、事故当時にブレーキが踏まれた形跡はなく、燃料や空気の量を操るエンジンのスロットルは開いた状態だった。

 運転していた女性は事故当時に「急加速した。全力でブレーキをかけたが利かなかった」と主張していた。
(共同) 03/19 11:25


 トヨタなどが事故車を検証した結果、ブレーキが踏まれた形跡がないという。

 急加速にパニックに陥り、ブレーキを踏んだつもりが、アクセルを踏んでいたなど、人為的なミスの可能性が殆どではないか?

at 04:13 | 車ニュース | CM (0) | TB (0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144115452
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。