2010年02月10日

新型プリウスのリコール開始 トヨタ社長が会見

 トヨタ社長「抜ける」連発、安全性明言避ける - YOMIURI ONLINE

 トヨタがリコールを届け出たのは、低速で雪道などを走行中、ブレーキを同じ力で踏み続けると停止距離が目標の12.3メートルより1.3メートル長くなり、13.6メートルまで伸びるという不具合。旧型プリウスに比べ停止距離は0.7メートル長く、全国から寄せられた不具合情報は84件に上っていた。 02/10 01:45

TOYOTA.jpg

 【トヨタ社長リコール会見(1)】世界に向けて、英語でも謝罪 - SankeiBiz

 「多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけし、この場をかりて改めておわび申し上げます。4車種は雪道などの滑りやすいところに低速でさしかかると、表現は難しいが、ほんの一瞬ブレーキが抜ける

 「お客さまの不安だという声を真摯に受け止め、安心して乗っていただくことを最優先にリコールを決めた。全世界で40万台が対象となった。欧米をはじめ、その他の地域でも迅速に対応する。プリウス以外の3車種については、準備がととのうまで、販売を停止する。お客さまにご不安を与え、誠に申し訳ない」 02/09 16:24


 トヨタの豊田社長は、「ほんの一瞬だけブレーキが抜ける」と認めた訳で、「抜ける」という事は、一般的には「利かない」という事である。にも拘らず、空走感(フィーリングの問題)という曖昧な表現で誤魔化して来た。

 消費者が知りたいのは、「ほんの一瞬」とは、コンマ何秒なのかで、その辺の所を数値でハッキリと示すべきである。でないと、「1秒に満たない、ほんの一瞬だけ」と言われても、1秒という数値が一人歩きする事になる。記者達もなぜ、「コンマ何秒抜けるのか」と、質問しないのか? トヨタに都合が悪い記事を書くと、年間1千億円規模の広告費に影響するからか?

 トヨタの記者会見に見る社長の孤独 - 山崎元のマルチスコープ | ダイヤモンド・オンライン
 
 ある媒体がリコール問題でトヨタに厳しい記事を何度か書いたところ、トヨタの広告関係の部署を通じてクレームがあったと言っていた記者がいた(クレームがあっただけで、広告費に変化があったとまでは聞いていない)。


at 06:35 | 車ニュース | CM (0) | TB (0)

2010年02月07日

新型プリウスのブレーキ問題 日本でもリコールへ

 新型「プリウス」国内全車リコールへ - YOMIURI ONLINE

 トヨタ自動車は6日、ハイブリッド車の新型「プリウス」のブレーキに不具合が発生した問題で、国内で販売済みの全車両について、リコール(回収・無償修理)の実施を決め、販売店に伝えた。

 国土交通省と調整した上で、今週前半に正式発表する。 02/07 03:11


 ブレーキを踏んだら止まる。最も重要な事で、そこに少しでも違和感があってはならない。リコールは当然の流れである。

 Link
トヨタはオワタ 魚は頭から腐るようにトップはアホばかり その1 - 松浦淳のブログ



at 08:57 | 車ニュース | CM (0) | TB (0)

2010年02月06日

新型プリウスのブレーキ問題 ABSが原因は間違い?

【自動車】プリウス、ブレーキを踏めばきちっと止まる。ABS作動で空走感-トヨタ役員が記者会見★6

8 :名無しさん@十周年:2010/02/06(土) 00:15:55 ID:ZfgCuesj0
いまだにブレーキが効かない原因がABS自体にあると思ってるやつがいるようだからもういちどまとめておくぞ。

プリウスの場合は低速でブレーキを踏むと回生ブレーキのみで制動する。(この時油圧ブレーキは作動していない)
その状態でABSが作動するような状態になると、回生ブレーキを切って油圧ブレーキに切り換えABSを作動させるんだが、この切り替えに1秒程度かかる。すなわちその1秒間は何のブレーキも効いていない状態になる。
ブレーキが効かないのはABSの「ブレーキを離す⇒かける⇒離す⇒かけるの繰り返し」による空走感だというのは間違いです。


at 04:08 | 車ニュース | CM (2) | TB (0)

2010年02月05日

新型プリウスのブレーキ問題 ABSが原因?

 「【トヨタ・ブレーキ問題会見】(上)「ABS作動で空走感」「踏み直せば止まる」」 - イザ!

 トヨタ自動車の横山裕行常務役員(品質保証担当)は4日、ハイブリッド車(HV)「プリウス」で、ブレーキが効かなくなるとの苦情が日米で相次いでいる問題について都内で記者会見した。横山氏は、「ABSが作動する事で空走感が出る」と述べ、タイヤのロックを防ぐABSが原因だと説明した。

 「一定の路面状況で、信号など軽いブレーキかけて止まろうとした時に、回生と油圧ブレーキ併用して、減速する。この際、路面が凍結していたり、濡れていたりすると、ABSが作動する。ABSは油圧ブレーキ使うが、車輪のロックを防止するものなので、ブレーキをゆるめる機能がある。この為、回生から油圧に切り替わった時に時間差が生じ、少し空走感が出る。ただし、踏み増せば安全にクルマは止まる事ができる」 02/04 17:49


 簡単に言えば、回生ブレーキから油圧ブレーキに切り替わる際に、1秒に満たないタイムラグが生じ、制動距離が伸びる」という事だろう。

 トヨタ自動車の佐々木眞一副社長は3日夜、「トヨタのお客様はトヨタの(ブレーキの)フィーリングにお慣れになっていますので、多少それと違うことが起きると、それはちょっと悪いという事になりますので」という見解を示したそうだが、フィーリングとか空走感で誤魔化すな!

 「プリウスに誰が乗っても安全に止まる」という事でなければならない!

 大体にして、過去に於けるトヨタのリコールに対するマスメディアの追求が甘かったせいで、消費者の事は二の次で、自己保身の“空走感”などという、曖昧な説明を繰り返すのだ!


 Links
「トヨタ「クレーム隠しではない」「冬になって苦情増えた」」 - イザ!

プリウスのブレーキ - 国沢光宏
トヨタ・HV車に欠陥か?ブレーキ抜け - おじゃる○ーU - 【みんカラ】 ブログ

at 06:17 | 車ニュース | CM (0) | TB (1)

2009年12月05日

はてなに集う民主党信奉者

 はてなブックマーク - 民主・石川議員聴取へ 陸山会土地問題 小沢氏元秘書、「裏献金」疑惑も (1/2ページ) - MSN産経ニュース

・サンケイしか報道しないことはデマですね。

・「関係者への取材」だし、デマかましれんが。

・自民党や自民党支持者は産経しか報道していないことはデマだと思った方がいいことに気づけ。


 朝日新聞も、「小沢氏団体資金巡り、元秘書・石川議員聴取へ 東京地検」と報じましたが、これでもデマですかね? 民主党信奉者には困ったものだ!(爆)

 関連記事
小沢氏の金権体質を批判しない痛い方々(2009/05/15)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。